<< 新たにわいせつ行為認め賠償増額... <不時着水事故>原因は排ガス漏... >>

<フェリー事故>荷崩れ後に傾斜か 三重・熊野灘で横転(毎日新聞)

 三重県熊野市沖の熊野灘で昨年11月、フェリー「ありあけ」(7910トン)が座礁・横転した事故で、国土交通省の運輸安全委員会は24日、二度の大波を受けて荷崩れを起こし、右に40度以上傾いた可能性があると発表した。今後も解析を進め、横転に至った経緯を調べる。

 発表によると、ありあけはコンテナ150個など計3318トンを積み東京から志布志湾(鹿児島県)に向かっていた昨年11月13日午前5時5分から10分にかけ、右舷側に大傾斜した。乗組員は「傾斜計は40度を振り切っていた」と証言した。

 安全委はAIS(船舶自動識別装置)の解析で、速度が速くなっていたことから、後方から大波を受けた可能性が高いと判断。当時の波の高さを基に解析すると、第1波で船は右に25度傾き、積んでいた大半のコンテナはチェーンが切れるなどして荷崩れが始まり、第2波で40度前後傾いたとの結果が出た。

【関連ニュース】
座礁:フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘
宇高航路:廃止届を取り下げ 運航の「四国フェリー」
津波:足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧
津波:紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も
宇高航路:高松、玉野両市長が存続支援を要請 国交相に

首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
神戸淡路鳴門道でトンネル事故、2車線通行規制(読売新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-27 18:19
<< 新たにわいせつ行為認め賠償増額... <不時着水事故>原因は排ガス漏... >>