カテゴリ:未分類( 31 )

首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」(産経新聞)

【菅首相ぶら下がり】(14日夜)

 菅直人首相は14日夜、首相官邸で記者団から参院選で敗退した場合に辞任する可能性について問われると、「割とあなたも気の早い人だね。(就任してから)まだ1週間目なんだけどな」と述べた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【国会】

 −−きょうの野党との国会論戦で自民党の谷垣禎一総裁は、国会の会期を延長せず選挙に突入するのは逃げの手法だと批判している。首相は答弁で、参院選で判断するのは国民だとおっしゃっているが、菅首相就任後、野党との論戦がきょうの代表質問のみで、国民に十分な判断材料を与えられていると考えるか。また、民主党代表として党側に十分審議時間を確保するよう指示する考えはあるか

 「まあ、あの、国会について、いろいろ与野党でやっておられると聞いておりまして、そこはもう任せています。それから、まあ、いろんな議論はですね、これからたとえば選挙になるとすれば、選挙の場でテレビとか、いろんな場面でまた、たくさんありますから、それをあわせて国民のみなさんが十分、判断していただけるような、そういうところは私も出なきゃいけないときには出なきゃ、出て行かなきゃいけないかなと、こう思っています」

 −−国民の選択の場なので、いろんな論議がある中で国民が選択することになると思う。十分だと考えるか

 「うーん。あのー…、十分というのか、これ、通常国会の日程で、結局のところ与野党で議論して、これ以上延長はしないでいくという方向だと聞いていますが、ですから、議論は議論として、いろんな場面がありますから、そういうところでまたやることになるんじゃないでしょうか」

【参院選】

 −−首相は答弁で、参院選で国民の信を問うとおっしゃったが、もし参院選で負けた場合、責任をとって辞任されるという考えはあるか。改めて勝敗ラインを聞かせてほしい

 「割とあなたも気の早い人だね。まだ、まだ1週間目なんだけどな。あの、とにかく、衆議院選挙ももちろん国政選挙ですけれども、参議院選挙も国政選挙で、やはり国民のみなさんが、自分の意思を選挙で表明する大きなチャンスですから、そういう意味で、一般的に国民のみなさんの声を聞く機会だという意味で、信を問う機会だということを申し上げたんです」

 「まあ、獲得目標とかいろいろありますけど、私が当初申し上げましたように、かなり当初厳しい状況がこの前の段階でありましたので、6年前に岡田(克也)代表のころに、かなりそれでも以前から見れば躍進した、その3年前からみれば躍進した議席だったわけですが、今から9年前に比べればですね。そういう意味ではまずは現有議席を、現有議席をしっかり確保すると。このことをまずの目標とすべきだと。そういう考えは変わってません。もちろん、それを超えていくことが望ましいことは申し上げます」

【関連記事】
首相、戦略相問題は厳重注意で幕引き、普天間では責任回避 
衛藤副議長が与党に苦言? 民主「唐突」と反発も
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決
菅首相が参院選勝敗ラインを上方修正 「50議席超えが望ましい」
首相、拉致実行犯の釈放嘆願署名「反省している」

<嘉手納高野球部>部員2人を逮捕…酒気帯び運転容疑 沖縄(毎日新聞)
「父親に贈りたい言葉」「娘に言われたくない言葉」は何ですか?(Business Media 誠)
<人事>毎日新聞中四国印刷(毎日新聞)
<将棋>羽生2勝目 棋聖戦第2局(毎日新聞)
酒井法子さんに賠償請求=声優出演アニメが上映中止―東京地裁(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-06-19 09:04

農水相に山田副大臣が昇格へ(時事通信)

 農林水産相に山田正彦副大臣の昇格が7日、内定した。菅直人新首相は、赤松広隆農水相が口蹄(こうてい)疫被害の拡大を受け、再任を望まない考えを示したため、後任の人選を進めていた。副大臣として、宮崎県に設置した政府の現地対策本部長を務めるなど、口蹄疫問題に対応している山田氏の昇格が適任と判断した。これにより、8日発足の菅新内閣の閣僚の顔触れが確定した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕口蹄疫、えびの市で現地調査=宮崎県
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害

まんとくん、大極殿を訪問=蓮花ちゃんからプレゼント−奈良〔地域〕(時事通信)
<器物損壊>日興証券2社員逮捕 交番のガラス割る 吉祥寺(毎日新聞)
<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
<桂歌丸さん>肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)
不法投棄で前成田市議らを逮捕=木くず穴掘り埋める―千葉県警(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-06-08 17:29

【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目−検証部会(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬改定結果検証部会(部会長=牛丸聡・早大政治経済学術院教授)は5月26日、厚生労働省側が提示した2008年度診療報酬改定の結果検証に係る09年度の特別調査の報告書案を大筋で了承した。また、4月21日の総会で了承された今年度の診療報酬改定の結果検証項目案11項目のうち、今年度は5項目の特別調査を実施することなどが盛り込まれた厚労省案も大筋了承した。同部会では、6月2日に予定されている中医協の総会に両案を諮る方針だ。

 同部会では、今年度の診療報酬改定の結果検証に係る特別調査を、▽救急医療等の充実・強化のための見直しの影響▽外来管理加算の要件見直し及び地域医療貢献加算創設の影響▽歯科技工加算創設の影響▽後発医薬品の使用状況▽明細書発行原則義務化後の実施状況―の5項目について今年度実施することを了承した。
 外来管理加算の要件見直しなどの影響調査では、外来管理加算についての医師の意識や、医師の説明内容に対する患者の理解度などを調査する。また、地域医療貢献加算については、標榜時間外における患者からの問い合わせなどへの対応体制や、患者からの問い合わせの状況などについて調べる。
 厚労省案では今後、調査項目ごとに調査検討委員会を設置し、具体的な調査設計や調査票などの検討を行うとしている。9月に実施を予定している後発医薬品に関する調査以外は11-12月に調査を実施し、いずれも来年2-3月に調査結果を取りまとめる予定だ。

■「質の評価」の指標、「在宅復帰率」が適切か検討を-遠藤委員

 また26日の同部会では、厚労省側が09年度特別調査の報告書案の「検証部会としての評価」について説明し、意見交換した。

 09年度調査は、▽明細書発行の一部義務化の実施状況▽回復期リハビリテーション病棟入院料において導入された「質の評価」の効果の実態▽ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態▽後発医薬品の使用状況―など6項目について実施。結果は「調査速報」として、昨年11月10日の同部会に既に報告されており、今年度の診療報酬改定に向けた議論でも資料として活用された。

 報告書案では明細書発行について、患者の3-4割が「医療費の内訳が分かりやすくなった」、また2割弱が「施設への安心感、信頼感が増した」などと回答していると指摘。「今のところ明細書を受け取った患者は少数ではあるものの、実際に明細書を受け取った患者は、明細書発行には利点があると感じているという結果となっている」としている。
 回復期リハビリテーション病棟入院料において試行的に導入された「質の評価」については、「全体としては、患者の状態の改善に資する影響を与えていると考えられる」とした。
 意見交換では遠藤久夫委員(学習院大経済学部教授)が、「質の評価」導入に当たり、「回復期リハビリテーション病棟入院料1」の算定要件に「退院患者の在宅復帰率が60%以上」が設定されたことについて、「リハビリ医療の評価として、『在宅』という社会的要因や合併症が絡むようなものを指標にすることがどこまで適切なのかということは議論する必要があるだろう」と述べた。


【関連記事】
【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承−総会
【中医協】回復期リハ、質の評価導入で患者選別認められず−厚労省
【中医協】レセプト並み明細書、「無料」が7割超
4月22日の中医協
2008年の中医協

<水戸黄門>新シリーズに雛形あきこさんをレギュラー起用(毎日新聞)
東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
首相に「ルーピー」のヤジは自民・丸川珠代氏 与党から「失礼だ」「出て行け」の声も(産経新聞)
マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-05-29 20:27

<裁判員裁判>求刑上回る判決 さいたま地裁(毎日新聞)

 さいたま市内の路上で女性にわいせつな行為をしてけがをさせたとして、強制わいせつ致傷罪に問われた埼玉県朝霞市栄町、会社員、高橋大輔被告(34)に対する裁判員裁判で、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)は19日、検察側の求刑懲役7年を上回る同8年を言い渡した。

 最高裁によると、裁判員裁判で求刑を上回る判決が出たのは全国初。最高裁が公表した裁判員裁判初年度の実施状況では、性犯罪に対する裁判員裁判は、裁判官裁判より厳罰化傾向にある。

 判決によると、高橋被告は09年10月1日午後10時35分ごろ、さいたま市南区の路上で、自転車に乗っていた女子短大生(当時19歳)を路上に押し倒し、わいせつ行為をして、右手などに負傷させた。

 判決は、高橋被告が同様の罪で計4回服役し、出所後約11カ月で今回の事件に及んだことに触れ「常習性は顕著で、規範意識は極めて乏しい」と指摘。「再犯可能性は非常に高い」と判断した。

 裁判員は男性5人、女性1人。このうち40代の男性会社員が記者会見に応じた。男性は求刑を上回る判決について「決まった判決がたまたま求刑以上だった」と述べた。裁判員の間で求刑より上か下かという論議はなく、裁判長からも言及はなかったという。

 一方、高橋被告の石田晴久弁護士は「とても重い判決で、予想もしていなかった」と話した。【平川昌範】

【関連ニュース】
裁判員裁判:難解な精神鑑定を口頭説明 両親遺棄事件
裁判員裁判:制度開始1年 東海3県では計37件
裁判員裁判:耳の不自由な補充裁判員へ要約筆記者 奈良
裁判員裁判:制度導入1年を前に反対集会開く 会見も
裁判員裁判:病気で弁護士遅刻 公判が1日延長 長野

<新型インフルエンザ>余ったワクチン17万回分 国へ返品を要望(毎日新聞)
<口蹄疫>大分・鹿児島も種牛の避難検討(毎日新聞)
【風】気になる男性の本心(産経新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
殺人容疑で中国人夫逮捕=府中のマンション女性死亡―警視庁(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-05-21 20:45

上海万博PRソングのパクリ「中国から謝罪ない」 政府が答弁書決定(産経新聞)

 政府は11日の閣議で、上海万博のPRソングに日本のシンガーソングライター、岡本真夜さんのヒット曲が盗作された問題に関し、「中国政府から日本政府に対して謝罪は行われていない」とする答弁書を決定した。中国における知的財産権保護については、制度やその運用の改善を要請するなど「引き続き適切に対処していく」と説明した。自民党の木村太郎衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連記事】
岡本真夜 ヒット曲パクられても太っ腹
ファンに「応援ありがとう」 岡本真夜さんが騒動後初コメント
岡本真夜側、盗作否定声明「ありえない」
万パク事務局しどろもどろ…作曲者の盗作否定で
作曲家が盗作否定、仰天声明「真夜側と合意」
少子化を止めろ!

日中戦争 憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)
白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)
<パロマ中毒事故>対象製品所有者らに注意 消費者庁(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-05-13 14:31

事故の教訓生かす=前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は25日、福知山線事故の追悼慰霊式に出席した後、報道陣に対し「悲惨な事故を風化させることなく、教訓を交通安全対策に生かしていく」と語った。
 事故をめぐる航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)の報告書漏えい問題については「検証結果を基に、安全委のあり方について不断の見直しを行っている。守秘義務違反に罰則を設けることを含め検討している」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<赤ちゃん置き去り>大学病院トイレに 愛知・豊明(毎日新聞)
<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
道路法案、臨時国会に先送りも=民主幹部が言及(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-04-27 21:19

織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)

 フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪代表・織田信成選手(23)=関大=が22日、婚姻届を提出したと、マネジメント会社が発表した。織田選手は「2人の間に新しい命も授かり、守るべき家族ができたことで身の引き締まる思い」とコメントしている。

【関連ニュース】
フィギュア:織田信成選手が結婚へ 相手は中学の同級生
<写真特集>2009ドリーム・オン・アイスの織田信成
<写真特集>バンクーバー五輪の織田信成
織田信成:私生活では金! 中学時代の同級生と結婚へ
五輪フィギュア:高橋、悲願の銅…笑顔と努力に周囲は歓喜

JR北海道 特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)
<JAL>若田さんと宇宙に長期滞在したラッキーベアを羽田で展示(毎日新聞)
阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突−東大助教(時事通信)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-04-23 06:41

「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)

 政権運営でもたつく鳩山政権の支持率が一段と低下し、野党・自民党からは離党者が出て新党「たちあがれ日本」が結成されるなど、政界の動揺は広がっている。そんな中、夏に行われる参院選で、与党が過半数割れを起こす衆参「新ねじれ」が実現すれば、「政界再編がわき起こる」と見る向きがある。だが、そうした事態に立ち至っても、民主、自民両党入り乱れての本格的な再編劇にはつながらず、野党の一部が与党の補完勢力として、政権運営に参画する限定的な“騒ぎ”で幕引きとなりそうだ。

 民主党は現在、参院の総定数242に対し、115議席(会派離脱中の江田五月議長を含む)を有している。このうち、非改選議員は62なので、単独で過半数を占めるには、60議席以上の議席が必要となり、圧勝した平成19年の参院選と同レベルの選挙戦を強いられる。

 19年選挙で29の1人区のうち、約20選挙区で勝利。2人区は、すべて与野党で1議席ずつ分け合ったため、1人区での選挙結果が大勢を決した。この結果、自民党は、連立相手の公明党と合わせても過半数を確保できず、ねじれ国会が現実化し、政権交代の誘因となった。

 「政治とカネ」問題で鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が世論の批判にさらされ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、迷走につぐ迷走を重ねる鳩山政権の支持率は急落しており、民主党には「1人区で当選が確実に見込めるのは、民主党の地盤が強固な岩手や三重など10選挙区ほど」(幹部)との危機感が増幅している。

 この「走り書き」でもかつて書いたように、「内閣改造・党役員人事を行って、支持率アップを図るしかない」(同党関係者)という切実な危機感は、日増しに強まっている。すでに鳩山首相の退陣論もささやかれているありさまだ。

 「新ねじれ」が現実化しても、民主党は、連立相手の社民、国民新両党とあわせて、かろうじて衆院で3分の2以上の勢力を確保しているため、参院で否決された法案を衆院で再議決し、可決・成立させることは可能だ。衆院通過後、60日が経過すれば、参院が否決したとみなし、再議決することもできる。

 だが、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎3元首相の自民党政権下で繰り広げられた国会での混乱ぶりを思い浮かべるまでもなく、政権の屋台骨は揺らぐ。野党が首相問責決議案などを繰り出してくれば、政権のダメージは計り知れない。

 10日に結成された新党・たちあがれは結党趣意書で、「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」の3つを「使命」に掲げた。与謝野馨共同代表は記者会見で、「『反民主、非自民』として国民のために戦いたい」と語り、第三極を結集し、政界再編への意気込みを示した。だが、その道筋はあいまいとしており、成否も予測できない。

 再編論を持ち出すのは、野党側に目立っており、そうした事態を見越したうえで、あれやこれやとシナリオを描いている。

 もっとも、19年選挙を除き、過去2回(元年、10年)みられた自民党政権下でのねじれ現象後のいきさつを振り返ると、民主党が分裂することはなさそうだ。いずれのときも、自民党は野党の一部と手を組み、急場をしのいできた。10年の参院選後、自由党党首として政権入りした小沢氏も、自民党に手を突っ込んで再編に持ち込もうとしたが、逆に自由党分裂の痛手を被っている。

 過半数割れした民主党はどう出るか。ある自民党幹部はこう予想する。

 「すでに年金問題などで野党に呼びかけている与野党協議を正式に申し入れてくるのではないか」

 この読みには、協議会でのやり取りで年金問題の制度設計を進める背後で、寄り合い所帯の民主党が足並みを乱し、再編論に火がつくという「裏の見立て」がある。もっとも、公明党などがあっさりと民主党と折り合えば、自民党は孤立するだけで、連立政権の枠組みを存続していても、民主党は衆参で事実上の過半数を確保できる公算が大きい。

 子ども手当法や高校無償化法をめぐり、民主党が公明党の修正要求を受け入れて接近していることも、参院選後を見据えた「地ならし」との思惑がうかがえる。

 野党の悲哀にさらされている自民党がさらに分裂し、一部勢力が民主党にすり寄る局面も出てくるかもしれない。約50人いる衆院当選1〜4回生には、野党生活の憂き目に耐えかね、民主党が手を差し出せば、すぐにでも応じかねない。

 自民党若手を訪ねた際に、こんな苦しい胸の内を漏らされた。

 「野党になって、霞が関(中央省庁)が距離を置いているから、情報が枯渇している。このままでは何のために政治家になったのか。仲間と意見交換しているが、いざとなれば、30人くらいの同士を募ることはできる」

 民主党の反小沢勢力が、小沢氏の「政治とカネ」問題や、強権的とされる政治手法など「小沢的なるもの」と決別し、新党・たちあがれや自民党の一部などによる「小沢抜き」の巨大新党が誕生する芽はないか。

 「反小沢」の民主党幹部は「政権党からの離脱は考えない。新党・たちあがれなどが民主党入りし、小沢氏グループが飛び出してくれれば、最高の流れだ」と語る。民主党の党内政局は、激しさを燃すだろうが、政権党のうまみをなげうって「危ない賭」に出る民主議員など出てこないと見るべきだろう。

 それにしても、二大政党制下で初めて実現した政権交代から1年も経過しないのに、参院選をめぐり、こうした話題がささやかれる政治家の気の早さには、どこか矜持(きようじ)の欠落を感じるのである。

【関連記事】
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
民主、地方選で苦戦続き 支持率“危険水域”20%台突入
打倒民主で政界再編 新党「たちあがれ日本」旗揚げ
石原氏「民主党はみんな腰抜け」
平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」
外国人地方参政権問題に一石

小沢氏、支持率「関係ない。当たったことねぇもん」(スポーツ報知)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず(産経新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-04-20 15:42

<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)

 父娘で大麻を栽培したとして、静岡県警浜松中央署は12日、浜松市西区雄踏町宇布見の造園業、中村則男(54)と長女栄里(20)の両容疑者を大麻取締法違反(栽培)容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は3月ごろから、自宅庭の植木鉢で大麻草を栽培したとしている。同署は、大麻草数本が高さ数センチほどに育っていた植木鉢数個を押収した。

 同署によると、両容疑者とも「大麻を吸うため栽培していた」と容疑を認めているという。中村容疑者の母も2人と同居していたが、栽培には気付かなかったらしい。同署は、中村容疑者が大麻を栽培しているとの情報を得て自宅を家宅捜索し逮捕、種子の入手経路などを調べる。【山田毅】

【関連ニュース】
麻薬取締法違反:MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検
中国:「麻薬預かっただけ」で死刑 運び屋は日本の困窮者
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
覚せい剤:パトカー車内に3年近く放置 被告が隠す
大麻所持容疑:中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫

シャトル 「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)
<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
<警察庁>警官不祥事に長官「遺憾」(毎日新聞)
参院選に政治生命懸ける=自民総裁(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-04-14 13:38

「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月8日、「審査支払機関の在り方に関する検討会」(座長=森田朗・東大大学院法学政治学研究科教授)の初会合を開き、医療保険の審査支払業務の質の向上や効率化に向けた検討を始めた。審査支払業務を担う社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体連合会については、政府の行政刷新会議の事業仕分けで、「競争原理に基づいて査定率・審査金額の改善が図られるとは思えない。統合を検討すべき」と指摘されている。これについて事務局側は、「『統合ありき』というよりも、統合すべきもの、競争すべきものを議論していただければありがたい」と述べた。

 事務局側は事業仕分けの「統合すべき」との評価について、「正面から受け止めなければならない」としながらも、「競争性の推進によってシステム全体の効率、質を上げるという問題提起が出てきていることも事実」と指摘。「どの部分の統合により質を高め効率を上げるのか、どの部分の競争により質を高め効率を上げるのかを、丁寧に議論する必要がある」と述べた。

 これに対して日本薬剤師会副会長の山本信夫委員は、事業仕分けが言及した査定率・審査金額の競争は「結局はお金の話」と指摘し、競争はよりよい医療のためにすべきとの考えを強調した。また、社会保険中央総合病院名誉院長の齊藤寿一委員は、同じような業務は統合した方がコンピューターの設置などコストの面で効率的だと述べた。

 初会合ではこのほか、支払基金の査定に各都道府県支部の間で差異があるとの指摘や、支払基金と国保連の査定基準の統一が重要な問題との意見が出た。

 同検討会は22日に次回会合を開き、その後は月1回のペースで開催、年内に議論を一巡させる。


【関連記事】
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針
旧総合病院の外来レセプトも1枚で―厚労省が事務連絡
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承

<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)
<雑記帳>始球式でバッテリー 神奈川知事と横浜市長(毎日新聞)
白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備(産経新聞)
鳩山邦夫氏は不参加=新党結党で平沼氏明言(時事通信)
連合 参院選に向け不満くすぶる 「小沢氏辞任」は陳謝(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-04-09 02:28