<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」−埼玉県警(時事通信)

 生後2カ月の次男の頭に重傷を負わせたとして、埼玉県警上尾署は2日、傷害容疑で、同県上尾市小敷谷、無職石川健一容疑者(39)を逮捕した。同署によると、「泣きやまないので腹が立った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年10月19日午後、同県上尾市の当時の自宅で次男に暴行を加え、頭の骨を折るなどの重傷を負わせた疑い。同署は、投げ落とすなどしてけがをさせたとみて、詳しく調べている。 

【関連ニュース】
運転トラブルで暴行、死なせる=出頭の43歳男を逮捕
傷害容疑で18人拘束=邦人ら負傷の芸術区襲撃
トレーラー追突、6台玉突き=4人死傷、運転手を逮捕
飲料水に劇物、3等海曹停職=掃海母艦で、隊員2人けが
信号無視で小2女児はね重体に=高松市課長、現行犯逮捕

町田市が損保提訴へ=「症状固定」後の治療費請求−東京地裁(時事通信)
<犬繁殖業者>狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
きょう午後に集中審議 自民は予算組み替え動議提出へ(産経新聞)
自民・松田氏の離党、「小沢氏工作」に警戒感(読売新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-07 17:13

電子書籍普及へルール作り、流通や著作権研究へ(読売新聞)

 総務、経済産業、文部科学の3省は2日、本や雑誌をデジタル化した電子書籍の普及に向け、国内での流通や著作権に関するルール作りに乗り出す方針を固めた。

 出版社や通信会社、著作権団体、国立国会図書館などによる官民合同の研究会を3月中に発足させ、今夏までに具体策をまとめる。

 米国では、2007年に発売されたインターネット小売り最大手アマゾン・ドット・コムの情報端末「キンドル」がヒットし、電子書籍が急速に普及している。日本では出版社や通信会社などの準備が遅れており、アマゾンなどが進出すれば、日本でも主導権を握る可能性が指摘されている。そのため、3省は国内ルールを整備して日本企業によるビジネスを後押しし、中小・零細の出版業者の保護を図る必要があると判断した。

 研究会では、ネット配信する電子書籍のデータ形式の共通化やコピー制限などの著作権管理、書店での「立ち読み」に相当する一時的な無料閲覧に関するルール作りなどを検討する。印刷会社、書店、インターネットの検索サイト運営企業や、著作権団体代表として現役の作家らもメンバーとして参加する予定だ。

 電子書籍では、アマゾンが1月、米国で販売価格の7割を著者に報酬として支払う事業モデルを発表し、印税が約1割にとどまる紙の書籍などのビジネスを脅かしつつある。

<潮干狩り>GWなら前半 気象庁がお勧め期間発表(毎日新聞)
<野口宇宙飛行士>ISSに別れ 6月2日地球に帰還(毎日新聞)
小林氏進退「本人が決めるもの」=小沢氏(時事通信)
<異臭>山陽新幹線「のぞみ」で オイル漏れか 乗客避難(毎日新聞)
<インフル治療薬>強毒鳥インフルに効果 初の純国産(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-06 00:40

ホッキョクグマ 15万年前に祖先 地球環境の激変に適用(毎日新聞)

 ホッキョクグマの祖先が約15万年前に存在していたことを、米ペンシルベニア州立大など欧米の研究チームが突き止めた。その後の暖かい時期である「間氷期」と極地の平均気温が10度近く下がった「氷期」をそれぞれ生き抜いたことになる。ホッキョクグマは地球温暖化の影響で絶滅が懸念されているが、環境変化に高い適応力を持つことを示している。米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

【ホッキョクグマ写真特集】温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た絶滅の危機

 04年、アイスランドの地質学者が、ノルウェー・スバールバル諸島の地層からホッキョクグマのあご骨と犬歯を発見。研究チームは化石に残された遺伝子と、米アラスカ州に生息するホッキョクグマ2頭とヒグマ4頭の遺伝子を比較解析した。その結果、氷期だった約15万2000年前にヒグマとホッキョクグマの共通の祖先から枝分かれし、最後の間氷期が始まる直前の約13万4000年前には現在のホッキョクグマに近い形で存在していたことが分かった。

 間氷期の中で最も暖かかった約12万年前には、極地の気温は現在より3〜5度高く、約1万年前に終わった氷期では逆に数度低かったと推定されている。研究チームは「ホッキョクグマは過去の激しい環境変化に適応してきたが、次第に活動範囲は狭まっている。現在の温暖化に対応できるのか調べたい」としている。【田中泰義】

【関連ニュース】
【ホッキョクグマ写真特集】氷とともに生きる種族 人間の欲に脅かされ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
【写真で見る】ホッキョクグマ かわいい双子の赤ちゃん
そらべあ基金:温暖化防ごう 太陽光発電システム、小林の「まがた保育園」に /宮崎
注目DVD紹介:「クヌート」 世界を魅了したホッキョクグマ 名もなきクマの成長も

空気を気にせず再編目指す…「KYサロン」初会合(読売新聞)
気仙沼では10センチの津波(時事通信)
大津波警報 震源近くで被害甚大(産経新聞)
<春一番>関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
<若田宇宙飛行士>ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-04 05:22

靴下の中から盗んだタスポ ひったくり容疑で配管工の少年逮捕 (産経新聞)

 自転車でひったくりをしたとして、警視庁綾瀬署は窃盗の現行犯で、東京都足立区の配管工の少年(18)を逮捕した。同署によると、少年は「生活費が欲しかった。以前にも(ひったくりが)うまくいったのでやった」と容疑を認めている。

 同署の調べでは、少年は22日午前2時5分ごろ、足立区青井の路上で、自転車に乗っていた同区内のアルバイト店員の女性(20)を自転車で追い抜く際、前かごから現金約4万9000円や成人識別ICカード「タスポ」などが入った手提げバッグを盗んだ。

 少年は犯行後、盗んだ4万円とタスポを靴下の中に隠して残りの金を財布に入れ、手提げバッグは現場付近に捨てた。通報を受けた署員が現場近くで少年から事情を聴き、靴下の中から現金とタスポを発見した。

【関連記事】
マリフアナ路上吸引も…本当は住みにくい?バンクーバー光と影
仕事帰りの若い女性危険…都内ひったくり5割増
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕
指名手配で逃亡中…ひったくりで逮捕 19歳「カネ欲しさに」
ひったくりを400メートル追跡、確保 京都の女性「足には自信あった」

町田市長選 自公支援の石阪氏が再選(産経新聞)
濃霧で欠航相次ぐ=80便以上に影響−羽田空港(時事通信)
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ(時事通信)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
池袋駅東口のみ上昇=全体は下落基調−四半期地価調査(時事通信)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-02 22:46

警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)

 警視庁は23日、スーパーでの万引事件捜査で、西新井署が都内の40代女性を誤認逮捕していたことを明らかにした。同署は同日、窃盗の疑いで、東京都足立区の女(39)を逮捕した。

 同庁によると、昨年12月20日、同区内のスーパーで、女がコードレスアイロンなど計15点(約3万2000円相当)を手提げ袋に入れ店外に持ち出した。女は自転車で立ち去ろうとしたが、警備員に声をかけられたため、自転車や手提げ袋を残したまま逃走した。

 同署が自転車の所有者である女の家に電話すると、夫は「妻は『自転車を盗まれた』と言っている」と説明。同署は防犯カメラの映像や警備員の証言から別の40代女性が万引したと判断、1月26日に逮捕した。

 女性は容疑を否認、同署は翌27日に釈放して任意捜査に切り替えていた。女と女性は身体的特徴が似ていたという。同庁は「誠に申し訳なく心からおわびする。このような事案がないよう、指導監督を徹底していく」としている。

【関連記事】
神奈川県警旭署がまた誤認逮捕 大麻と思い込み男性を
当て逃げ事件で誤認逮捕 兵庫県警長田署
米FBI、同時テロでの誤認逮捕で賠償金2300万円支払う
傷害で誤認逮捕も検査で覚醒剤 使用容疑の無職男逮捕
ビール飲んで和解しよう! オバマ大統領、黒人教授誤認逮捕で両者招き懇談

大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
視界ゼロでも離着陸可能に=羽田の装置を優先整備へ−前原国交相(時事通信)
国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)
自民、審議復帰を協議=国会正常化も(時事通信)
鳩山首相 政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
[PR]
by gbvbtpndoa | 2010-03-01 17:30